楽天勝手にリボ払い! と、よく引っかかる手口ですが、
(リボ払いという用語を知らずに自動リボ払いの設定にしてしまう)

まさかの Amazonで 恐ろしい手口(としかいいようがない)に引っかかってしまいました。

いきなり、3900円の引き落としがあったのです。
(↓画像は3800円ですが、3900円の間違えです)
20160303a01

年末、突然食洗機が故障し、その際Amazonで注文しました。
当時の記事↓#食洗機 自力で解体修理 
12月29日の年末注文にかかわらず、翌日届くと言うことで、たぶんプライム会員のお試しで注文をしたと思います。

が!
どうやら、プライム会員で注文したページのどこかに
「解約しないと、自動で有料会員になる」 とかいてあったらしい。


私の Amazon利用は実はものすごく長い。
当時Windows98で利用していたので、2001年頃から利用していると思う。
初めは、送料がかかったが、その後無料(今のような制度では無い)になり、子供のベビー用品のストローが無料で届いた位だから、(2001年生まれ)便利屋として利用していた。

その後、送料を取るようになり、ヤフオク・楽天が盛んになり、Amazonを全く利用しなくなった。

そして、2015年の1月。ゼルダのムジュラの特典の葉書が欲しいとのことで、10年ぶりくらいの注文。通常注文でプライムは関係なし。

2015年12月 食洗機の故障で、年末だったためプライムで注文することになる。

もう2度と頼むことは無いと思っていたが、

2015年2月中旬に、楽天に在庫が無い商品を購入。
自分がプライム会員だと気づかず 通常で注文。
それがこれ↓ プライムで無くても送料無料なので注文してみよう と思った。

20160303b03

↓そして、その画面には プライム会員の場合、オプションは無料とかかれている。
このような表示では、自分は非会員だろうと思う。(会員でログイン状態であればこの画面なのかわからないけど)
20160303b01

そして、今日。
明細をみて、Amazonで3900円の請求で え? となる。
20160303b02

というのも、Amazonでは2回のみの注文で、どちらも4000円もする注文では無いから
しかも 年会費!! とかかれている! アマゾンプライムネンカイヒ

お試しで、一回きりのつもりが、勝手に会費を引き落とす?

画面に、解約しないと自動で有料会員になることが書かれたとしても、

会員になりますか? →クリック が、無ければ、

クレジットカードでサインをせずに購入したことと同じでは無いでしょうか?


注文と、有料会員の同意が一緒のクリック って おかしすぎます。

トラブルの多い 楽天でさえ、最近はメルマガチェック項目ですら外すようにメッセージあるし、
ネット上の年会費ものは、継続の確認が来ることが多い。(まともなところは)

もしくは、継続後ちゃんと、請求書もしくは確認の のようなものが届いても良いとおもう

アマゾンから来たメールは
「アマゾンプライム無料体験へようこそ」 のメールのみ。
これ、よく読むと、

重要なお知らせ:有料会員への自動的な移行をご希望にならないお客様は、アカウントサービスにて無料体験終了前に「自動更新しない」のボタンをクリックして設定を変更する と、次回の年会費は請求されません。

と、書かれていました。

タイトルに書いてあれば気づくかもしれないけど、Amazonからものすごい数のメールが届くし、いちいち読まないだろう・・。

そして、その後
「有料会員になりました」というようなメールは届いていない。

早い話が、メールも見出しだけで内容を判断するような人は、私のように気づかず引っかかる。

しかし、続きが有り、

無料体験後、お客様およびお客様の家族会員のいずれもプライム特典のご利用を開始していない時点でお客様が会員登録をキャンセルされた場合には、当サイト は年会費の全額を払い戻します。

これだ!年会費が返ってくる!

しかし、キャンセル先の電話番号が載っていない。


頑張ってネットで調べると
日本でのお問い合わせ先

アマゾン ジャパン株式会社
〒153-0064東京都目黒区下目黒1-8-1
電話: 0120-999-373 (電話番号のかけ間違いにご注意ください)

とある。

早速電話すると、

「お客様は、プライム会員を利用しています! と、引き下がらない」

目の前の注文履歴を見ても、
12月末と、2月の1回しかないのに、それ以外の注文があるという。

が・・・何かに気づいたのか
「ちょっと待ってください」と、待つこと数分。

「勘違いだったので、全額返金させて頂きます!」 とのこと。

で、それ以上余計なこと言って、返金がされなくなってはこまるので、切ったが、のちに謎が解けた。

我が家には ヘビーAmazonがいる。 そう、パパだ。
毎週のように Amazonからいろいろ届くが、どうやら年会費を払っているAmazonプライム会員だった・・・。(と、夜に知る)

家族が、プライム特典を利用していたんだな。
それが、住所検索か何かで、私の扱いにされた。
実際はパパは有料会員なので、カウントしてはいけなかった。


で、クレジット経由で、私の3900円は無事に帰ってくるらしい。良かった・・・。

しかし、Amazonの危険性はまだあった。

Amazonメールの続きだ
会員登録または更新時にご指定いただいたクレジットカードで決済できない(例えばカードが失効しているなどの理由により適 切に決済できない)場合は、登録されている別のカードに請求します。


と、本人の同意が無くても、クレジットを登録していたら勝手に引き落とす というのだ。
払わない方がわるいから引き落としはされて当然だが、勝手に別のカードに請求 というのはいかがなものかと。
Amazonの言う請求=引き落とし に 即座につながるので、
普通のネットショップの場合、複数カードを登録していても、普段使用しないカードを使おうとしたら
「セキュリティコードをいれてください」など、勝手に使用できないような仕組みがある。


しかし、Amazonにはそれが 無いのか? それはカード会社の問題なのか?
わからないけれど、

先ほど確認をしたら、私は3枚のカードが登録してあった。
そのうちの2枚は期限切れだったけど、相当昔のカードで、そんな情報までご丁寧に保存していらっしゃる。

今回の、返金が完全にすんだら、Amazonからのクレジット情報は完全に消そうと思う。

そして・・・ よく考えれば パパに注文してもらえば良かったんだな・・・ と。
本が無料で読めるとかで 会員を継続させているらしい。全くメリット感じないけど。



まとめ・最後に
数あるネットショップを利用している私ですが、
ここまで大きな会社で クレジットの扱いが ずさんというか、軽く扱われて、引き落としてしまうショップがあるのかと、驚きました。
これが、Amazonの一人の社員が不正を働いて他人のクレジットを使った と、言うのであれば人の問題ですが、今回の場合 個人では無く Amazonという会社での方針?というか、考えなんでしょうけど、
実は私自身はお金の管理がテキトウで、事細かく気にしません。
しかし、クレジットに関しては私が生活費を自分のクレジットで支払うため、それをパパに請求するときに、けっこう細かくチェックするので、それで発覚しました。
これが、自分だけのクレジットであれば、今月の請求金額だけを見て、けっこう使ったなぁくらいで気づかなかったでしょう。

何年かたって大きな裁判にでもなるかもしれませんね。
入会意思のない人から、徴収し続けていた・・・ という感じの。

Amazonは、そういう人を狙っているのかと。

だいたい、送料が全て0円というのは、かなり厳しいものがあります。
100円のもの10個 別々に注文する人もいるだろうから。

Amazonの送料が、有料になった頃、楽天ブックスがAmazonにあわせ、有料になったり、期間限定で無料になったり一時ものすごく買いにくい時期がありました。
最終的に、楽天ブックスは完全に無料ですけど、楽天24などは一定の金額に届かないものは有料。
結局のところ、本やCDなどの冊子もの以外を完全送料無料 というのは、どこかで誰かが負担しないと成り立たないと思います。配送センターが全国中にあるわけでないし。

だからといって、それを引っかけのように徴収する点は、将来を考えたらいけない行為では無いかと。

きっと、Amazonを全く利用していないのに何年も払い続けている人たくさんいると思います。
せめて、月額であれば、引っかかった方もあきらめがつくし、12ヶ月毎月引き落とされていたらどこかで気づくでしょう。

ここで Amazonの文句をいっても、今後改善されるとは思いませんし、きっとよく読まない方が悪いって事になるでしょう。いつかAmazonにはツケがまわってくる。
勝手にしてくれ という感じです。