私は、通信講座とか月刊物が大好き。

でも、この10年子供の月謝だの教材だので月刊で払えるお金が無かったのだが、
兄が高校生になり、私の払う習い事の月謝と教材費が無くなったので ちょっとだけゆとりができた。

そんなとき「ピーターラビットキルト」の宣伝を見た。
書店ではどの書店でも1号が山積みで、早速購入。

以前に1号だけ買ったツムツムの編みぐるみ
出版社はアシェット(hachette)
この時の毛糸が手に引っかかるものすごく安物毛糸だったため、二度と購入は無いだろうと思った出版社だ。

結論から言うと。
このピーターラビットキルトが発売されはじめ3ヶ月ほど経つのですが今だに続けています。
今回の記事は 都度記事では無く、3ヶ月行っての良い点悪い点まとめ記事。
その都度の記事はこの記事以降に公開しようと思います。
20181026b01


始めたきっかけは「パッチワーク」を人生で経験したことが無かったため。
ピーターラビットは好きでも嫌いでも無い。
ピーターラビットキルトのアップリケまがい?な事は、過去に経験はある。


ピーターラビットキルト
隔週販売 1380円 水曜発売

30号まで連続で購入すれば、特典のような物がもらえる。
↑ぶっちゃけ興味は無いが、30号まで買えばもらえるならば1号も逃したくない心理。
1380円もするが、続き物な為、
縫い方は前号を参考にとか、
この生地は○号で使いますとか、
結局の所、1号きり では無いため、逃した冊子があればやる気全くなくなるだろうというもの。
ただ、融通が利く人であれば、どうにかなるレベルではある。

購入が大変な商品である。
書店で1号はあふれすぎていたが、2号以降は全くと行って手に入らない。
私は密かに「買えるサイト」を知っているのだが、
そこで2号~6号くらいはどうにかなった。
すぐに予約切れになり、予約開始も不定期だったため1時間~数時間たびにサイトをチェックしての購入。
が、7号が手に入らない。
大型書店では2週間前でも予約不可で、
その「買えるサイト」も予約も販売後の購入も不可(それ以降ずっと不可になった)で、しかし在庫が全店舗で1冊あり、一か八か店頭で取り寄せを頼んだら取り寄せてくれてどうにか手に入り、
結構な交通費を使ってしまったが、そんな思いは嫌なので、書店での定期購読に切り替えることにしました。定期購読でさえ1ヶ月先の分から開始可能 と言う感じで、
ふと気づけばAmazonなどでは1冊4000円近くになっていて(転売価格)
初回を大量に売って満足なのか、継続させる気がまったく感じられないアシェットだと思った。

購入するならば 大きめ書店の定期購読がオススメです。
この会社トラブルが(ネット上の口コミで)多いので、直での購入はやめた方が無難。


7号が手に入らなければ、そこで終わっていたけど、手に入ったので続けることにしたのですが・・・

生地汚れやしわが半端ない。
20181026a08
↑これは11号 きったね~~~
これでモペットさんを作るのだが、何の汚れだかわからない汚れ。
作るのは結構大変なので、こんな汚い生地で苦労したくないので、手持ちの生地に変えるけれど
かなりの頻度で、謎の汚れと、
小さな生地でも、半分に折られていてこの折り目がかなりの折り目でアイロンを出さないとど~にもならない


ちなみに第1号でも大問題有りなんですよ・・↓
20181026c01
気づきもしないひとも多いだろうと思うけど、
生地そのものがよれていて、
そのまま四角にカットしている。
無地や総柄ならばわからないけど、かなりのよれで、得意な人ならば一度洗って、アイロンで綺麗な正方形にできるだろうけど、面倒だし、というか、材料のチェックもまともに切れないレベルなんですね・・・

生地の表裏もわからない物ばかりだし、同じ無地でもなんだか素材が違う
ふわふわ生地とバリバリシーチング というか・・・。
洗ったら縮みがすごく違うだろうなぁ。。。
これだけ苦労して作るんだから、完成した物を洗って泣く事を考えれば先に洗った方がいいと思います。

ちなみに、9号・10号の布地はミスをしていて、11号に同梱されている。
20181026a09
緑の謎の巨大無地も同梱されていてかなり大きいだけに謎。。。
(15号で使うらしい)



とまぁ、生地はいかにも使いまわしや、生地のプリントミス(一部が白いままなど)でも、全くはじいていないため、

生地は、お店で購入した物を一部入れた方がリッチでかっこよくなるかと思います。
20181026a02
↑登場率の高い茶色のドットを、USAコットンの羽根柄に変えました。


パッチワーク編
毎度三角や四角の図案をカットして作るのですが、8号の型紙がなかなか良い物でして、
20181026a01
くりぬいて、これを常に利用しています。

基本5センチ 10センチ で構成された物が多いのでかなり重宝します。

↓時々生地が余るので、三角や四角をたくさんカットしてのち オリジナルが作れそうです。
20181026d01


糸について
手縫い糸 は思いのほか良い。
↓画像右上は、日本ではあり得ない巻かれ方しているが、11号の段階で生成り2個水色1個。
(画像では違って見えるけど生成りは同色です)
20181026e01
どーせなら茶色の糸がほしかった。。。

が・・・
問題は刺繍糸
色番号や色名前で検索してもヒットしないので、アシェットオリジナル=中国などの海外向け刺繍糸と思われる。
他の刺繍糸と比べると一目でわかるが光沢が無い。
光沢が無い=滑らない=くるくるになる=絡まる
20181026a07
と、刺し子糸でもないし、こんな糸人生で触れたこと無いわよ? といいたい。
で、これを上手にほどくにはコツがあり、

まず↑のように色番号の紙がついた状態で指を入れる。(必ず輪)

で、↓のように紙を外して付け替える
20181026a06

抜くときは引っ張るのでは無く1本ずつ外すようにほどく。

かなりの色数があるので、↑のような状態で保存するのがベスト。

並べるのもかわいいけどね・・・
20181026a05

ちなみに、子供の授業用にあげればいいや なんて思うけど、
大人でも手を焼く糸なので、あんまりオススメはしないです。


作り方
ぶっちゃけ、手順通りにこなしている人は相当なプロじゃ無いかと思う。
はっきり言って無理です。
常にギリギリの布地しかなく失敗ができない。
フエルトならば簡単だけどね。。。やる気ゼロになるまえに、簡単にやろうと思う。
11号分の教訓から・・・

細かすぎるパーツは1枚で作らない。
↓ミシン使っちゃってるけど、手でも同じ。
細かすぎるパーツは生地はカットせず線を書き、2枚の生地を合わせて縫う。
↓生地を形にカットする
20181026a04


それをひっくり返す
20181026f01
ひっくり返すときは ピンセットを使うと楽です。

本体に縫い合わせるときに、胴体部分だけ縫って足を出してもかわいいと思う。


本体部分
説明文ではアイロンを型紙に当てて形を作る様に書いてあるが 危ないし うまくいくわけが無い。

なので、チャコペーパーで型紙を写し しつけ糸で縁取る
20181026a10


形通りにカット。
狭い部分やカーブ部分はカットを入れておいた方がいい
20181026a11


しつけ糸を引っ張ると形になる
20181026a12


で、さらに形になった物をしつけ糸でちゃんとした形にする。

↓で、土台の布地に縫い付ける
20181026a13


他に、細かい部分が多いので、分解はせず連続させてカットし、刺しゅうでラインをつけた方が絶対に楽で綺麗だと思います。

一度もしつけ糸を使う表示がないので、かなりすごいなと思う。

20181026a03



とまぁ、こんな感じで続けている。

まとめ
月に1380円×2でこのクオリティだと思うと、
微妙な感じというか、ぼったくり感があるのですが、冊子の方はそこそこ面白いので、
汚い生地だろうが、説明不足だし面倒な作らせ方だろうが、
自分の好みで作ればいいかな と。

その後かわいい刺しゅうをディアゴスティーニで始めるが半端なくクオリティがいい。(同じような販売方法でこうも違うとは。。)
同じ刺しゅうなので、かわいい刺しゅうと同時に行うと、ピーターラビットキルトをすすめやすいかも。

ちなみに、どんどんたまっていくので 適当につなげて(外れるように)
20181026b01

壁につるしておこうと思います。
目標はリビングのテーブルのテーブルクロスサイズまで完成した頃やめようかなぁと思います。







↓かわいくて面白い。
シュレックとかマスクの映画が好きならOKです!



*---☆---★---☆---*---☆---★---
ブログランキング参加中★よろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ  
*---☆---★---☆---*---☆---★---