痔の手術をした2年前からやりたかった
大腸内視鏡検査

胃カメラは受けれる施設が多いのですが
大腸内視鏡は案外無い

胃カメラは絶食ですが
大腸内視鏡の場合 下剤を大量に飲むことが必要なので
ちょっと大変なのです。

大腸のポリープは
数年かけて癌になる。
早くとれば大丈夫。

胃のポリープは
ピロリがいなければ大丈夫。

で、
家で下剤を飲み 車で病院に来るのもこわいし

など

なかなか 都合つかず
時が経つ。

しかも 予約しても1ヶ月先など待ちが長く
生理の日もいやだなぁ。。


と考えるとなおさらでして、
そんな矢先今回の入院で受けられることになり良かったです。

この先 老人が増える一方で
大腸内視鏡は2ー3ヶ月待ちが当たり前になるのでは?と思います。



絶対にポリープが無いぞ と思うのであれば
おしりからガスをいれるタイプのCT?で検査もよいと思います。

早い話が ポリープの有無がわかればよいかと。

大腸がんは 他と違って早くとれば問題なく生活できるそうです。
↑ざっくりと言えば

この病院は 人工肛門にされた方が多いようで
手術後
本当に大変そうです。


そうならないためにも

痔は手術で早いうちに治す。

血便検査は1年に1回はする。
↑楽天などで売ってる

ですかね。

しかし、
ふだんたいして水を飲まないのに
2リットルってすごい量だ。

DSC_8436