以前も記事にしたことがあるのですが、

私は レンタルサーバーと ドメインを持っています。
http://wshinchan.net/
レンタルサーバーは月に1000円位で、
ドメイン代は年に1000円位になります。(詳細は下に)

レンタルサーバーには ホームページ1つ置いて
PDFなどのファイルを置いています。

無制限にメールのアカウントが作れるので
メールはかなりの数作っていて、登録場所サイトごとにメールのアカウントを変えています。

レンタルサーバーは ライブドア。
当時の記事
ライブドアのドメイン+レンタルサーバーはすごい!
↑ライブドアのレンタルサーバを借りた2008年11月の記事です。

しかし、私は 一回 大きなミスをやらかしています。
それは、ドメイン更新のボタンをクリックしなかったためにドメインを失ってしまった・・・・。


そう、もともとは
http://wshinchan.com/ ドットコムで取得。
今は
http://wshinchan.net/ ネットです。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

ドメイン名は復活できるのですが、手続きと、料金制度が面倒くさい・・・

なので、取り直して net になったのですが、

メインの楽天ブログは当時、アップできる画像の容量がものすごく少なくほぼMAXまで使い切っていたため
http://wshinchan.com.画像 という感じで
楽天ブログに 外部から引っ張ってきていたのです。

それらの画像は 全て見ることができなくなりました。
数が多すぎなので、貼り直していない物も多いんですけどね。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
今は、期限の年末が近づくと、10月頃から更新ボタンを押すようにしているのですが、
ぼ~っとしていると、消えて初めて気づくので
ドメインをゲットしたら気をつけましょう!!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
これは、たぶん ブログなどの 安いドメインサービスも 有料であれば同様だと思うので、
ドメイン復帰にはお金がかかるハズ ということと、
ドメインが変わると 住所が変わるような物なので、
リンクした全てに影響する と思った方がいいです。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
私が利用している ライブドアレンタルサーバーですが、
今は存在しません。

今はエクスクラウド という ところです。(変更になった)
https://ex-cloud.jp/

HP上を見ると難しそうなのですが、
元がライブドアであり、ヘルプの充実さと、サポートがかなり完璧なので
全くわかっていなくても、検索で「困ったこと」にたどり着けます。

メールを4つ以上持ちたいのであれば、
一般のプロバイダーよりも料金が安く済むと思うので、それだけでもお薦め。

ただし、ドメイン切れると メールが突然届かなくなるので、その辺も気をつけてくださいね。

ブログランキング参加中★よろしくお願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
スマホ・パソコン両対応のHPをつくろう!自分だけの仕事のホームページ&ブログが面倒な設定なしにできます!!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 自分だけのビジネスサイトをWordPressでつくる/2 レンタルサーバーにWordPressを設置する/3 サイトのデザインを決める/4  ブログを使えるようにする/5 ビジネスサイトに必要なページをつくる/6 プラグインでサイトの機能を充実させる/7 予約システムを設置する/8 販 売ページにショッピングカートを設置する/9 アクセスアップのためのカスタマイズ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
遠藤裕司(エンドウユウジ)
ネット販売ITコンサルタント。株式会社通信技研代表取締役。行政や企業等の依頼でITコンサルティング及びセミナー を実施中。山形県よろず支援拠点サブコーディネーター、ミラサポIT専門家。ネットを活用して売上増を実現する手法には定評があり、その手法を伝えるコン サル及びセミナーは現在まで600回以上を実施している。ネットショップ運営にも積極的に関わり常に研鑚を重ねている

伊藤みゆき(イトウミユキ)
WEB コミュニケーションディレクター。アッカ・コミュニケーションズLLC代表。2000年よりネットショップ運営やWEB集客に携わり、自身の経験やノウハ ウを活かしたオンラインにとどまらないユーザーとのコミュニケーションや集客支援に定評がある。起業ポータルサイト「ドリームゲート」のアドバイザーとし て、5年連続グランプリを受賞。KFCオンラインショップ勉強会主任講師、ネットショップマスター資格認定講座の代表理事を務める傍ら、250回以上続く WordPressセミナーに登壇(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)